転移した場合

前立線がんが転移を起こしている場合には、手術やや注射薬によってホルモンの働きを抑える内分泌治療が選択されています。内分泌治療は徐々に効果が薄れることが多く、治療中は常に体調に気を配ることが必要になるのです。

症状と原因

椎間板ヘルニアの症状と原因

椎間板ヘルニアの症状は激しい痛みやしびれを感じますが、これは椎間板が神経を圧迫するからです。 それは飛び出した椎間板が神経を圧迫することで起こります。 そして椎間板ヘルニアの主な症状のあらわれ方として、片方の下肢に出ることが多いですが、両方に出ることもあります。 椎間板ヘルニアの原因は老化によることもありますが、日頃の生活習慣が関係していることもあります。 それは姿勢の悪さなどにより、背骨に負担をかけることです。 そのため日頃の生活習慣を改めることにより、予防することができる病気でもあります。 そして椎間板ヘルニアは正しい治療を行うことにより、痛みやしびれが軽減したり、完治できる病気になります。 そして現在では様々な手術方法ががあり、症状にあわせて適切な方法で治療をすることができます。

身体に負担をかけないレーザー治療

椎間板ヘルニアの手術には、切開する方法とあまり切開しないレーザー治療の方法があります。 レーザー治療は、皮膚に針を通して神経を圧迫しているヘルニアの部分に照射することによって、神経の圧迫を軽減させることができます。 しかもレーザー治療は、数十分で終わるため、患者の身体に負担をかけないメリットがあります。 さらに局部麻酔で行うため、日帰りもできるメリットがあります。 他にも椎間板ヘルニアの治療には様々な方法がありますが、レーザー治療がもっとも患者にとって身体に負担をかけない方法になります。 そしてレーザー治療の場合、他の臓器を傷つけることが少なく、皮膚に針を通すだけなので出血量も少ないというメリットがあります。 これは老化で椎間板ヘルニアになった場合、高齢者の体力の問題もあることから、今後が期待できる手術方法になります。

男性だけの病気

前立腺がんは男性に見られる病気です。正常な細胞増殖機能を失い自己増殖を始めてしまうことで発生してしまいます。前立腺がんはリンパ節や骨に転移することが多く、肺や肝臓にも転移の幅を広げる可能性もあります。

詳細はこちら
検査と治療方法

前立腺がんは簡単な検査を行うだけで発見することができます。発見された場合、進行の程度や転移の状況に応じて治療方法は異なります。早期の発見と治療がとても大切なのです。

詳細はこちら